親子セルフサイエンス体験会 開催報告

11月15日に池田町で親子セルフサイエンス体験会を開催しました。感染対策をしながらもリアルで開催できた貴重な機会でした。

さて、セルフサイエンスとは何?と思う方も多いかもしれません。
EQ, SEL, セルフサイエンス、といろいろな用語が多くて、つい説明が長くなってしまうのですが、ざっくり言うと
EQとは感情知能、感情と賢く付き合う能力のこと、
SEL(社会性と感情についての学習)とは、教育においてEQを向上させていく学習のこと、
セルフサイエンスとは国語や算数のような、SELの教科としての名称です。
頭だけで動かず、自分の気持ちもしっかりとらえたうえで、最適な行動の選択をしていけるためのものなので、「頭と心が親友になる」と表現したりすることも多いです。

セルフサイエンスはコロナ禍を契機に、アメリカでは一層の広がりを見せているということです。

前置きが長くなりましたが、池田町のイベントでは、
お母さんと幼稚園から小学校低学年のお子さんに集まっていただいて、
簡単なアクティビティ二つに取り組んでいただきました。

一つめのアクティビティはハート塗り絵といって、
最近感じた気持ちを振り返り、それを色にしてハートを埋めていきます。
普段気持ちを見つめる機会が少ない人も多いかもしれませんが、このアクティビティを通して、今の自分の心の状態を知ることができます。言語化できていなかった気持ちに気が付いたり、出来上がったハートを見て気づきがあったり。
人によって、その時によって、本当にいろいろなハートが出来上がるのが毎回楽しみです。
子どもたちも、それぞれに個性あふれるハートを塗ってくれました。

子どもたちのハート塗り絵(お母さんたちのも、これまた本当に素敵だったのですが写真を撮り忘れたのがすごく残念!)

もう一つはアレブリヘ。メキシコの守り神アレブリヘ。自分に近い特徴をもった動物と、自分が欲しい力を持った動物を合体させ、自分だけのアレブリヘを描きます。
描くだけでもとても楽しいアクティビティですが、同時に、自分にはどんな強みがあって、自分が伸ばしていきたい力はどんな力なのかを認識することができるのです。
子どもたちの中には2種類どころか何種類も動物を組み合わせて、オリジナルのアレブリヘを作る子も。そして大人の皆さんはみんなアーティスト!最後にはとっても素敵なアレブリヘが並びました。

参加くださったお母さんたちからは、
・自分の気持ちが改めて確認できた、ぼんやりしていたものがはっきり言語化できた
・普段気持ちを振り返ることがないから、気づかない間に見ないようにしてしまっている感情があるかもしれない
・気持ちを振り返ることが心の成長につながる気がした
・まずは親から意識して自分を大切にしていくようにしようと思った

などといったコメントやご感想をいただきました。実はこれらのアクティビティは大人にも(大人にこそ)様々な気づきがあることが多いのです。

お子さんたちはそれぞれに真剣に取り組む子、大して気が乗らない子、それぞれの個性を持ったお子さんたち!いきなり一度のアクティビティで何かが変わることはないかもしれませんが、そんなみんなそれぞれが、気持ちを自分なりに知るってことを心のどこか小さな小さな片隅においてくれたらうれしいなと思いました。そしてお母さんと一緒に時々、気持ちを振り返ってみてくれたら、きっとお母さんもお子さんも気づきがどんどん生まれるのではないかと思います。

もっともっとEQ/SEL/セルフサイエンスのことをたくさんの人が知ってくれて、子どもたち、そして子どもを取り巻く大人たちも、自分の心とうまく付き合えるようになるよう、これからもお伝えする場を設けていけたらと思います。

ご参加くださった皆様、お子さんたちも、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です